レーダー探知機は、やっぱり安心の日本製がいい理由

-  |  次の2件 »

レーダー探知機で探知できない取り締まり方法がある!


レーダー探知機は、GPS機能がついていて、オマケに古い電波方式のネズミ捕りに対応していれば完璧!

・・・と思っているかもしれませんが、実はそうではありません。


レーダー探知機では絶対に探知できないものがあります。


それは、白バイやパトカー、覆面パトなどの「追尾式」の取り締まリ方法です。



これは、例えばあなたが40キロ制限の道を50キロで走っていたとして、それを後ろから赤色灯をつけ、同じ速度で追尾してきた白バイなど、警察官が判断して違反を決定する場合です。



この追尾方式は、電波なども出しませんし、単に白バイなどのメーターがあなたの車の速度と同じ数値を示している、それだけが証拠です。


だからもし、速度オーバーで走っているのなら、バックミラーやドアミラーなどを、チラチラと見て確認しましょうね。



当然、制限速度で走る事が一番いいんです。


制限速度内を維持するよう、自分の速度計をしっかりと確認しながら走行することが一番大切。

それでも、どうしても流れに沿って走ると、速度が出過ぎている場合だってあるでしょう。


そんな時は、レーダー探知機だけでなく、自分の目で周囲を見ながら走ることが必要になります。






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コムテック「ZERO 1C」は多機能うえにカスタマイズが必須か

コムテックのレーダー探知機「ZERO 1C」は、現在考えられるあらゆる機能を搭載しています。


その分、機能的な穴はないのですが、初期設定で使うとどうしても”全ての音声と警告を駆使”するため、少しウルサイと思える場合も。



「ZERO 1C」は、通常の取り締まり情報だけでなく、

駐車禁止エリア、消防署エリア、警察署エリア、交番エリア、スクールゾーン、踏切ポイント、事故多発ポイント、急カーブポイント

など、安全運転に必要な全ての情報をしゃべりまくります。



これを自分好みにカスタマイズするため、登録されているポイントで必要ないものを削除したり、また自分でポイントを追加したい時は登録したりできます。


また、取り締まり情報だけに特化したい場合は、グループごとに音声と警告音が鳴らないようにする設定もできます。


1399507469609.jpg



毎日通る道については、余計な情報は登録を消去したほうが、運転はしやすいかもしれませんね。


日本全国の上記ポイントが大量に入っているのは、大変ありがたいと言えます。



そしてこの「情報」は、常にコムテックのサイトで最新のものに更新されているので、「microSDカード」でダウンロードして本体に組み込むことができます。


ただし注意が必要なのですが、「microSDHC」は使えません。

「microSD」(2GBまでのもの)でないと対応していませんので、購入時は気をつけてください。


コムテック ZERO 1C



シリコンパワー microSDカード 60倍速 2GB 永久保証 (SDカードアダプター付) SP002GBSDT000V10









タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の2件 »
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
インフォメーション1
インフォメーション2
インフォメーション3
Copyright © レーダー探知機は、やっぱり安心の日本製がいい理由 All Rights Reserved.